アトピちゃんママの知恵袋はアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの子供を持つママたちが作る生活口コミ情報サイトです。

Report

治療

ステロイド キンダベート軟膏を効果的に使用するには!?

キンダベート軟膏(一般名:クロベタゾン酪酸エステル)は、アトピー性皮膚炎や湿疹で処方されるステロイド外用薬で、炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげる目的で使用されます。

【特集】アトピー抑制剤として特許申請された成分とは!?



薬の強さ

ステロイド外用薬は薬の強度を5段階で分類しますが、キンダベート軟膏は4群(マイルド)に分類され、比較的症状が軽い場合に処方されます。
また、一般的な他のステロイド外用薬同様、副作用がありますので注意が必要です。

 

効果

アトピー性皮膚炎や湿疹の炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげる目的で使用されます。
※あくまで対処療法で、アトピー性皮膚炎や湿疹の原因を治すことはできません。

 

副作用

主な副作用として、皮膚の赤みや萎縮、シワ、多毛、にきび、肌荒れ、刺激感、皮膚灼熱感、接触性皮膚炎などが報告されています。 また大量使用中の急激な中止には反発症状を起こす危険があります。 その他、重い副作用として稀に、緑内障、白内障などの報告があります。

 

注意点

キンダベート軟膏の強度は、強力な1群〜弱い5群の5段階中、4群に分類されマイルドなステロイド外用薬です。そのため軽い症状や、乳幼児、子供などによく処方されます。

しかし、長期使用や誤った使用法においては、他のステロイド外用薬同様に副作用があるため、しっかり医師と相談してリスクを理解したうえで処方してもらうようにしたいものです。

また、キンダベート軟膏に限らず、ステロイド外用薬はあくまで対処療法で、アトピー性皮膚炎や湿疹を根本的に治療することはできませんが、炎症や痒みを抑えるためには欠かせない治療薬です。

アトピー性皮膚炎の炎症や痒みは、バリア機能が低下した肌に、皮脂が酸化してできた「過酸化脂質」が刺激となることで起こります。

そしてその痒みは、さらなる肌のバリア機能の低下を産むという、悪化サイクルに陥ってしまうという特徴があります。

病院で処方されたステロイド外用薬をきちんと用法を守りしっかり炎症や痒みを抑え、同時にアトピー性皮膚炎の根本的な原因である「肌のバリア機能の改善」や「過酸化脂質」に対する対策に取り組むことが、アトピーの改善の一番の近道なのではないでしょうか。

あわせて読みたいアトピー知恵袋

アトピーが治る時代がきた?「アトピーに有効な成分を発見」